ご挨拶

ここから本文

代表取締役会長 八重倉 修

当社は2002年設立の若い会社でありますが、官公向けシステムインテグレーションや交通・防災・消防システム等の社会インフラ系のシステム開発・構築、金融機関や企業向けソフトウエアの開発・構築を手掛け、多くのお客様から信頼され、成長してまいりました。

しかし、社会のニーズは常に変化しており、この変化にどう対応すべきか、どうしたらお客様の価値を向上させることができるか、常に問いかけ、真のプロフェッショナルを目指して活動している集団です。
そのために、社内には自由闊達なコミュニケーションであふれています。いつの時代も豊かな経験を持つ熟練者と新鮮な若い世代の発想の融合が、新たな商品やソリューションを生み出すものです。
この活気ある姿が、当社の技術力・開発力の源であります。

一人ひとりの個性を尊重し、自分の個性に合ったスキルを育て、お客様と共に成長する企業でありたいと思っております。
創業の難しきを経て、これからの飛躍へ向け常にチャレンジし、攻めと守りの経営を実践してまいります。

常にお客様を第一に考え、お客様から信頼されるプロフェッショナル集団を目指すと共に、新しい技術・ビジネスの変化を的確に捉え、お客様にご満足頂けるソリューションとサービスを提供してまいりますので、今後とも倍旧のご指導・ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役会長 八重倉 修












代表取締役社長 畑ヶ山 浩幸

情報技術の発展を振り返りますと、ハードウェアの技術革新とソフトウェアの高度化の二つの流れが絡み合いながら、飛躍的に進歩拡大してきたと思います。

ハードウェアの進歩は、データの処理速度、伝送スピード、記憶容量を天文学的に向上させ、また驚くべきコストダウンも実現し、個人、家庭、企業、社会の環境を変革し続けています。

一方このようなハードウェア技術の進歩を、個人、家庭、企業、社会に役立てていく仕組みとしてのソフトウェアの重要性、特にアプリケーションソフトウェアの重要性は益々高まってきています。
最近話題のIoT、AI、ビッグデータのビジネスとしての成功は、利用者にとっての価値を生み出すアプリケーションソフトウェアの充実に大きく依存していると考えます。

当社は、従来から培った多様な分野でのシステム開発経験を基盤に、先進的技術を駆使するとともに、其のシステムの利用シーンをよく理解し、お客様の視点で価値をご提供できる専門家集団を目指してまいります。

代表取締役社長 畑ヶ山 浩幸

ご挨拶会社概要理念

ページの先頭へ